東京百景

結婚にもキャリアにも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発だけは志向している30代OL。人生哲学は「らしさを活かす。あるものを活かす。」

「好き」力を鍛える

空港の匂いが好きだ。南国の花のような、甘くてちょっと爽やかな匂い。

白人が前を通り過ぎると、その匂いが漂うことに気づき、そういう香水があるのかも!と、免税店を探し回ったこともある。

先日近所のレストランで、おしぼりの匂いが気に入った。あの、空港の匂いに似ていた。

店の人に聞いてみた。「これは、何の匂いですか?」と。答えは簡単。ダウニーだった。

早速ダウニーで洗濯してみた。わたしは1つ、幸せになった。

f:id:tokyo100k:20160910000041p:plain

9月は社会人ゼミに参加して、「自分の生き方」というものを考えている。

主宰は「媚びない人生」のジョン・キム先生。先生の本とは、職種転向した後、混乱から来る苦しみのどん底にいたときに出会った。

曰く、何もかもに耳を傾けるから苦しくなる。人を幸せにしたければ、まず自分から幸せになれ。

今日は四角大輔さんと一青窈さんまで来て、幸せになるカギは、自身の「好き」に隠れているんだ、とメッセージを頂いた。

「幸せ」については、過去にもさんざん考えてきたけど、

ダウニーも幸せだし、「これが好き!」ってものを、選べることも幸せだし、こうして考えられること自体、まぁ幸せだし。

最近肌感覚で分かりつつあるのは、「今日」の処理について。

今日と明日は連続していない。今日は今日のためにあるのであって、明日のための犠牲になんか出来ない。

何故なら、今日のわたしは今日死ぬから。明日はまた、明日のわたしが生まれるから。

朝起きて、『今日のわたしはどこへ行こうか?』と、完全なる自由意思で決められる、わたしの環境は恵まれている。

そんなわけで、今日の気分も確固たる晴れ。