2021年2月のふりかえり

明日から3月ということで、恒例の「ふりかえり」投稿です。

2月も1月に続くステイホームでしたが、ささやかな目標に対しては前進の月となりました。

『ネガティブな感情』を飼いならせるようになった

今月の最大にして最高の成果、

それは、ネガティブな感情を飼いならせるようになったこと。

私はこれまで、ネガティブな感情を消すためにポジティブな行動をするものの、途中で体が心についていけなくなってしまう、という失敗を繰り返してきました。

が、その行動パターンの間違いに気づき、改めた結果、体(行動)と心(感情)が分離しなくなり、意欲をキープできるようになったのです。

なんのこっちゃって感じでしょうか。なんのこっちゃって感じですよね。

 

前回も書いた通り、現在の私の目標は、

1.自分の小さな暮らしは守りたい

2.未来を一緒に学び、考え、助け合える仲間が欲しい

3.資本主義社会の中で「外部化」された存在や世界のことを学びたい

という中で、2月の注力ポイントは、「2.未来を~仲間が欲しい」に決めていました。 

tokyo100k.hatenablog.jp

といっても、元来、社交的なほうではなく、日常的に連絡する仲間なんて5人ぐらいしかいません。

そこで、過去の人脈を発掘しようとSNSを覗いてみたら、そこに並んでいたのは「幸せそうな」投稿の数々。

SNSとはそもそも「そういうもの」なのですが、幸せそうな皆さんと、こつこつ勉強しているだけの自分を比較してしまい、ただでさえ低い「自己肯定感」が、奈落の底まで落ちてしまったのでした。

 

冒頭にも書いた通り、私はネガティブな感情が生まれると、圧倒的なフットワークで周りがびっくりするような行動を取る(ことによって承認を得る)という習性があります。海外移住したのも地方移住したのも、今考えれば、半分は純粋な動機、半分は承認を得たかったからです。※あくまで「今考えれば」です

 

しかし、そんな時間も資金もなくなった今、その方法論はもう限界。

私はそろそろ、自己肯定感そのものに向き合わなければならないのかもしれない。

ということで、図書館でそれっぽい本を、大量に借りてきたのです。

効果があったのはこの3冊。

アプローチはそれぞれ異なりますが、共通していたのは、

自分で自分を幸せにしなければならない

ということでした。

詳しくは本に譲るとして、簡単に体系化だけすると、

①ネガティブな感情を受容する(不機嫌なペットを飼いならすように)

②ポジティブな感情を受容する(過去のできごとの回想も含む)

③自分のためのポジティブな行動を増やす(好きなものを食べるとか)

④周りの人のためのポジティブな行動を増やす

この順番を守って初めて、感情が「ガソリン」になるのであって、私はいきなり④だったので、そりゃー虚しくなるはずだ。

 

ということで改めて現在の目標、

1.自分の小さな暮らしは守りたい

2.未来を一緒に学び、考え、助け合える仲間が欲しい

3.資本主義社会の中で「外部化」された存在や世界のことを学びたい

に対して、1.と3.は順調に進め、2.については意欲の湧かない原因に気づき、払拭できたのが2月、ということになりました。

3月は更なる前進に期待!

f:id:tokyo100k:20210228145129j:plain

定量はALL○でした

・ヨガ:12回、2.5kg減(○)

主食をお粥にしたら突然痩せ始めた。

回数目標を止め、「その日の目標体重より多かったら行く」ルールにしたところ、痩せモチベーションに火が点いた(=ヨガに行きたくない)。

・資格対策:面接練習+論述(○)

ずっと避けていたロープレ練習に参加できるようになった。っていうか、本番は来週~。

・農園:4回(○)

・旬を楽しむ:2回(○) 

tokyo100k.hatenablog.jp 

・本:9冊(○)

 

・映画かドキュメンタリー:8本(○)


映画『聖なる犯罪者』予告編


映画『ダンシングホームレス』予告編

www.tokai-tv.com


『KCIA 南山の部長たち』2021.1.22(金)公開【予告編】


『82年生まれ、キム・ジヨン』予告 10月9日(金)より 新宿ピカデリー他 全国ロードショー


映画『はちどり』本予告映像


名匠ケン・ローチの新作『家族を想うとき』予告編


わたしは、ダニエル・ブレイク - 映画予告編

・ソーシャル行動:Big Issueでボランティアをすることになった(○)

www.bigissue.jp