ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションします

楽久登窯|兵庫県洲本市

淡路島で、「土と生きる人」に会ってきました。

続いて紹介したいのは、古民家ギャラリー&カフェ「楽久登窯」さんです。

f:id:tokyo100k:20171211211736j:plain

オーナーの西村さんは、神戸市出身の陶芸家。

 

 

当初は多くの陶芸家がそうするように、作陶と展覧会(販売)という生活を送っていましたが、名前が売れれば売れるほど、忙しくなるばかりで豊かにはなれていないことに違和感を覚え、淡路島に居を移したんだそうです。

f:id:tokyo100k:20171211211902j:plain

 

f:id:tokyo100k:20171211212301j:plain
f:id:tokyo100k:20171211212249j:plain

そして祖母の家だった古民家をリノベーションしたギャラリーで、自ら展示、販売すること。

f:id:tokyo100k:20171211212657j:plain

全てを自分で行うことで、半分しか作陶しなくても、同じ売上を得られるようになり(展覧会のマージンが高かった)、空いた時間はゲストとの交流に。

f:id:tokyo100k:20171211214518j:plain
f:id:tokyo100k:20171211214512j:plain

更に数年後には、姉と母がカフェを開き、器を楽しんでもらう機会も増えたそうです。

f:id:tokyo100k:20171211212746j:plain

あまりによくできたエピソードですが、自分のルーツである淡路島の土と家を大切にしたからこそ、それに共感する人が集まったのではないでしょうか。

f:id:tokyo100k:20171211213036j:plain

大量生産には心が入らない。そんな仕事では、たとえ儲かっても豊かにはなれない。

土と生きる人は、本当に大切にするべきことを、よく知っているのかもしれません。

樂久登窯 -淡路島五色町の窯元・陶器制作販売・ギャラリー・カフェ-