ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションしています

ひとつ屋根の下

「シェアハウスに住んでいる」というと、決まって聞かれる質問が、

「へぇ〜!カップルとかできるんですか?」である。

 

そんなものは………ないっ!

代わりにあるといえば、兄妹っぽさだろうか。

長男:43才、長女:39才、次男:34才、次女:33才、末っ子:27才、という布陣で、育ちも違えば志向も違う。

それでも人が集まれば、次第に役割分担ができるもので、

長男:旗だけ立てる、長女:静かに見守る、次男:天然、次女:家にいない、末っ子:兄妹の平和を祈る、

という、必ずしも一丸となっていないのがまた兄妹っぽいのだ。

f:id:tokyo100k:20181126200432j:image

昨日はシェアハウスのBBQだった。

長男がBBQマスターで、道具一式揃っているのに、一度も食べたことがない。長女(私)が来年いなくなるから、想い出を作ろうと三女が提案したのである。

最初から最後まで楽しめたのは長男、長女だけで、次男、次女、三女は外出。少し残しておいて夜に食べさせたけど、そのちょっとしたやりとりに、兄妹っぽさを感じた。

伝わるだろうか?

スケジュール調整して、全員参加するのが他人。親が指示して、全員参加するのが家族。

それに対して、基本的にはバラバラだけど、少しぐらい気づかうのが兄妹っていう、そんな感じがしたのだ。

f:id:tokyo100k:20181126201126j:image

長男の焼いた肉を「わーい」とかいいながら食べる。

その時、私の中にあったのは「童心」かもしれない。