東京百景

結婚にもキャリアにも大して興味ないけど、世界平和と自己啓発だけは志向している30代OL。人生哲学は「らしさを活かす。あるものを活かす。」

「人生の扉」を開けまくったら、「人生の渦」が待っていた

あれは2013年。

34歳、独身、契約社員、大好きになった人は…。八方塞がりだった私は、竹内まりやの「人生の扉」を、聴いて聴いて聴きまくっていました。

春がまた来るたび ひとつ年を重ね

目に映る景色も 少しずつ変わるよ

陽気にはしゃいでた 幼い日は遠く

気がつけば五十路を 越えた私がいる

20代への未練あり、35歳への焦りあり、今考えれば29歳に次ぐ、感傷的な時期だったのかも。

満開の桜や 色づく山の紅葉を

この先いったい何度 見ることになるだろう

いやいや、まだ当分見るででしょ(笑)

コップに半分入った水を、「もう半分しか」と見るか、「まだ半分」と見るか。焦るとき、というのは、やたら「もう」に急かされるんです。

 f:id:tokyo100k:20160811120808j:image

今は2016年。

37歳、独身、契約社員、大好きになった人は…。だけど元気な私がいます。

「人生の扉」を開けまくっていたら、「人生の渦」が待っていたから。要するに、忙しいんです。良い意味で。

ひとつひとつ 人生の扉を開けては 感じるその重さ

ひとりひとり 愛する人たちのために 生きてゆきたいよ

私は焦りに負けたくなくて、関わる人を増やしてきました。目につく扉はノックして、会う人会う人挨拶しました。

親しくなる人ばかりではないけど、要望だけは、たくさんもらえて、

私は明日への焦りより、今日の期待を生きています。

君のデニムの青が 褪せてゆくほど 味わい増すように

長い旅路の果てに 輝く何かが 誰にでもあるさ

皆と同じものは、獲得できないかもしれない。だけど私だけの「青」があるなら、それはそれで仕方ないっか。

この自分は自分以上でも、自分以下でもないんだから。

MUSIC