東京百景

日々の思考と行動と感動をコレクションするブログ

カープも良いけど巨人もね|地元民として

カープ優勝は改めて、地元球団を愛し、育てることが、市民の喜びとなって返ってくる、ということを教えてくれた気がします。 

tokyo100k.hatenablog.jp

ですが私は文京区民!

東京ドームから徒歩15分のところに住んでいるなら、巨人を愛し、育てたいもの。区民としての喜びを、私だって感じたい! >ということで、巨人×文京区のイベントに潜入~!

bunkyo.keizai.biz

朝から晩までドームにいて、グラウンドに降りたり、バックヤードに出入りしたり、通常では見られないものを見せていただきましたが、

f:id:tokyo100k:20160919143800j:plain

ドームはでかい!

f:id:tokyo100k:20160919143742j:plain 

収容人数が多い。出入口が多い。売店も多いし、スタッフやマスコミも多い。あの1試合を興行するのに、関わっている人の数や、動くお金が違うのです。

f:id:tokyo100k:20160919143735j:plain 

カープファンはよく言います。地元が応援しなきゃ、カープは経営が成り立たない。巨人は全国区だから、地元に応援を乞う必要がない。た、確かにその通り。

f:id:tokyo100k:20160919143818j:plain 

ですが私は、巨人を応援することに決めました!

あれだけ大きな会場を、事故なく回すオペレーションや、スタッフさんたちのプロ意識に、組織としての巨人愛を感じたからです。ディズニーランドのキャストさんに、近いものを感じました。

f:id:tokyo100k:20160919143749j:plain 

つまり、同じ「球団」でも、愛する理由は人それぞれ。カープが愛すべき市民球団なら、巨人は天下のプロ球団。それぞれ、それでいいのでしょう。