東京百景

日々の思考/行動と小さな感動をコレクションするブログ

「こども宅食」で、子供に教えてあげたいこと(改)

「こども宅食」のボランティアに参加してきた。 

kodomo-takushoku.jp

ボランティアの作業は、明日から宅配される食品の箱詰め!ボランティア同士がペアを組み、これだけの荷物を詰める。

f:id:tokyo100k:20171014180655j:image

驚いたのは、皆さんのチームワーク。同じ想い、志というものは、初対面の人をも簡単に一致団結させるんだ!と、単純に感動してしまった。

f:id:tokyo100k:20171014181417j:image

ボランティアには、「インタビューに答える」という活動もあり、私はNHKを始めとする5メディアもの取材対応(まるでアイドル並みのスケジュールであった)。

よく聞かれた質問は2問。

「どういう動機で参加したか」は前にも書いたが、 

tokyo100k.hatenablog.jp

「受け取った子供たちにメッセージを」は、ちょっと難しかったな。だって会ったことないんだもの。

しかし即興で考えてみると、

今は同じ地域に住み、かつては似たような環境で育った大人として、食品を送っているようで、実はエールを贈っているというのか、

f:id:tokyo100k:20171014181523j:image

社会というものが実は温かく、敵ばかりでも決してなく、見えないところに多くの応援者がいるんだってことに、早い段階で気づいて欲しいのだ。

f:id:tokyo100k:20171014181602j:image
行政の支援文書はもちっと平易にしたほうが良いかも…

そして、助けを求めるのに遠慮は要らないってことも。なぜなら、子供たちの喜ぶ顔を想像する、それが私の喜びになるから。

自分でもびっくりするほど善い人だが、社会は意外と、こういうことで成立しているのかもしれない。