制約の中にある充実

家の居心地が良過ぎて、外に出たくない今日この頃。

まぁ冬だから良いんですけど、フットワークの異常に軽い私が「家ライフ」を楽しんでいます。 

https://www.instagram.com/p/B8WHKBoA0fW/

1月の目標は「マイナス収支を脱する」だったので、

収入増のために「新しい仕事への適応」を、支出減のために「生活スタイルの確立」を頑張っていました。

前者はまぁ良いとして、後者については節約のために自炊したり、大きな買い物は「500円玉貯金」から始めたり、

制約は多いものの地道な積み重ねと納得感が楽しく、どうやら私には「自由」より「制約のある自由」が向いているようです。

 

「制約のある自由」といえば、中でも夢中なのがインテリア。

高い家具は買えないので、代わりに「あるもの」を組み合わせる。これが楽しい。

まぁ「あるもの」といっても、2年半で3回転居した「断捨離」を勝ち抜いてきたものばかりなので、楽しいに決まってますけど。

 

しかしまぁ今更ですが、私が高3のとき大学受験を頑張れた理由って正にこれだったのでした。

都会に住みたい。一人暮らししたい。好きなものに囲まれ、快適に暮らしたい。

若いときは知恵もセンスもなかったし、「こんな欲求は取るに足りない」と、まともに相手もしてこなかったけど、まさか20年以上追いかけてくるとは。

(私にとっては)暮らしの充実が幸せを意味するって、今になって分かりました。


《2月の目標(もう10日だけど)》

暮らしの充実は大切にしながら、前へ、外へと向かう