卒業

卒業_a0106978_14375786.jpg

そろそろ卒業しよう、と思っているものがある。

もう辞めるんだ!とかではなく、遅かれ早かれ、そういう日が来るだろう、という、予感みたいなものがある(春だからね)。


いいともを卒業するタモリさんの労を、小沢健二がねぎらったらしい。

TVから消えた16年の間、世界中を旅したオザケンと、来る日も来る日も同じ場所で、ウキウキウォッチングを続けたタモリさんの再会。


タモリさんが好きだといった「さよならなんて云えないよ」の歌詞が凄い。

南風を待ってる 旅立つ日をずっと待ってる
"オッケーよ"なんて強がりばかりをみんないいながら
本当は分かってる 2度と戻らない美しい日にいると
そして静かに心は離れてゆくと

そうなんです。心は離れていくんです。静かに。

 



キム先生はいっていた。

卒業_a0106978_14375665.jpg

変化を続けることが前提。

これを失えば、愛は依存の大義名分になる(これは私の解釈)。


人生は旅。

だとして、旅っていうのは案外、搭乗券もって飛行機に乗ってさえしまえば、後はやるしかないからやるもんであって、

敵は怖がる自分自身。

あーでもないこーでもないと、不安を作り出してしまうこと。


旅を始めることが大事。

旅を続けることが大事。

目的地の近い遠いや、それによって何を得るかは人それぞれ。比較するようなもんではない。

ただ、旅路そのものを楽しむ努力だけはだれでも出来て、タモリさんは近くてもそれの、うまい人なんだろうなと思う。

 

僕らの住むこの世界では 旅に出る理由があり
だれもみな手を振ってはしばし別れる