転職1ヶ月の反省会

神戸に来た。

あるイベントに参加したかったのだが、気分が悪かったのでキャンセルして、居酒屋で独り反省会をしている。

何の反省って、この1ヶ月のことだ。

f:id:tokyo100k:20190215204052j:image

ミスるはずのないことで、ミスる。

考えた内容より、コミュニケーションが悪いらしい。

早さが売りで慎重さに欠けることは自覚していたが、そこを気をつけても尚注意される。

 

転職先のロジック、地域のロジックを分かっていない。いや、頭で分かろうとしたところで、体で分からなければ動けるようにならないのだろう。

前回は、リクルートからリクルートへの転職。それでも慣れるのに半年かかった。

よって、違う業界、大手からベンチャー、都会から田舎じゃ、慣れなくて当たり前。信頼残高だってないし。

 

だけどね、泣きたくなることだって、ありますよ。

 

こういうときは、俯瞰して見てみよう。できたことを数えるのだ。

例えば、最も重要な免許申請。

難解な内容を1日で理解して、多くの関係者を巻き込み、書類を整えたのは偉かった。税務署だって味方につけた(はず)。

また、取引先、協力先とは初対面から関係を築き、難しい調整を完了させたし、そういえば1日中Excelに向き合い、矛盾のない数値計画を作り上げたこともあった。

具体的な指示のない中で、今、何が必要かを考え、関係者に喚起し続け、議論で意見が割れたときも、礎を打ち込み、空中分解を回避したではないか。

そんな中でも、自分の足りない能力に気づき、速攻で勉強して業務改善を試みたり、当事者意識が高いからこそ、こうなっているのだ。

 

こんな今の私を、私だけは褒めようじゃないか!!!

 

そもそも身銭を切ることもなく、給料までもらって、ビール作れるなんて凄いこと。

だから会社が背負う使命、大切にしてきた地域との関係に、私が合わせるのは当たり前のこと。

だけど、その「筋肉」が今はないのだ。

筋肉がないなら、筋トレをするしかない。

慣れ、慣れ、慣れ、慣れ。

 

 

 

私は絶対、潰れない。