ゆかこの部屋

大きな1個の幸せではなく、身近な小さな幸せを100万個ぐらい集めています

「梨泰院ロス」の人に勧めたい韓流ドラマは?

友人が「梨泰院ロス」になってしまった。

家に来るたびに少しずつ見て、昨夜ついにコンプリート(全16話)。「続きはないの?」「スピンオフは?」などと朝からうるさいので、「韓ドラ沼」に引きずり込んだ責任を取って、次に見るべき作品を教えなければならない。

ちなみに「梨泰院」とは、Netflixで配信されている『梨泰院クラス』のことだ。元は2年前の作品だが、緊急事態宣言下に『愛の不時着』で沼に入った人が、「次に見る作品」として人気を博した。最近『六本木クラス』としてリメイクされたことを機に、再びNetflixランキング上位に入っている。


www.youtube.com

さて、新しい作品を教えるに当たって考えなければならないのは、梨泰院クラスの「どこが素晴らしいか」である。

梨泰院クラスのストーリーは、中卒で前科者の主人公が、彼をそんな境遇に陥れた男(=外食チェーンNo.1の経営者)に復讐を挑むというもの。復讐というと暴力的な臭いがするものだが、ポイントは「経営で」復讐するということ。金と力でねじ伏せようとする男に対し、あくまで正々堂々と、信念とチームワークで戦おうとする主人公が実に格好良いのである。

 

定量で比較するために、要素分けしてみよう。

・主人公が成長する★★★
・仲間を大切にする★★★
・巨悪を倒す★★★
・暴力要素が少ない★★★(少しはある)
・ラブ要素が少ない★★★(少しはある)
・内容が分かり易い★★★

梨泰院クラスを満点(18点)として有名な作品と比較してみると、

『愛の不時着』(12点)

・主人公が成長する★★
・仲間を大切にする★★
・巨悪を倒す★★★
・暴力要素が少ない★★(ややある)
・ラブ要素が少ない★(多い)
・内容が分かり易い★★(北朝鮮の政治が難しい)

イカゲーム』(11点)

・主人公が成長する★
・仲間を大切にする★★
・巨悪を倒す★★
・暴力要素が少ない★(ありまくる)
・ラブ要素が少ない★★★
・内容が分かり易い★★(闇が深い)

うーん、ちょっとイマイチである。採点が恣意的な感もあるがw

ではでは、勧めたいと思っていた作品ではどうだろう。

『ミセン』(18点)

・主人公が成長する★★★
・仲間を大切にする★★★
・巨悪を倒す★★★
・暴力要素が少ない★★★
・ラブ要素が少ない★★★(ありそうでない)
・内容が分かり易い★★★(サラリーマンもの)


www.youtube.com

『ブラック・ドッグ』(17点)

・主人公が成長する★★★
・仲間を大切にする★★★
・巨悪を倒す★★
・暴力要素が少ない★★★(ない)
・ラブ要素が少ない★★★(ありそうでない)
・内容が分かり易い★★★(教員もの)


www.youtube.com

『浪漫ドクター キム・サブ』(16点)

・主人公が成長する★★
・仲間を大切にする★★★
・巨悪を倒す★★★
・暴力要素が少ない★★★
・ラブ要素が少ない★★★(少しはある)
・内容が分かり易い★★(医療が難しい)

『マイ・ディア・ミスター』(15点)

・主人公が成長する★★
・仲間を大切にする★★★
・巨悪を倒す★★
・暴力要素が少ない★★
・ラブ要素が少ない★★★(少しはある)
・内容が分かり易い★★★

ロースクール』(15点)

・主人公が成長する★★★
・仲間を大切にする★★★
・巨悪を倒す★★★
・暴力要素が少ない★(多い)
・ラブ要素が少ない★★★
・内容が分かり易い★★(法律が難しい)

『刑務所のルールブック』(15点)

・主人公が成長する★★★
・仲間を大切にする★★★
・巨悪を倒す★★
・暴力要素が少ない★★
・ラブ要素が少ない★★
・内容が分かり易い★★★

『賢い医師生活』(14点)

・主人公が成長する★★
・仲間を大切にする★★★
・巨悪を倒す★★
・暴力要素が少ない★★★
・ラブ要素が少ない★★
・内容が分かり易い★★(医療が難しい)

『秘密の森』(14点)

・主人公が成長する★★
・仲間を大切にする★★★
・巨悪を倒す★★★
・暴力要素が少ない★
・ラブ要素が少ない★★★
・内容が分かり易い★★(法律が難しい)

『ヴィンチェンツォ』(14点)

・主人公が成長する★★
・仲間を大切にする★★★
・巨悪を倒す★★★
・暴力要素が少ない★(多い)
・ラブ要素が少ない★★★(少しはある)
・内容が分かり易い★★(設定が複雑)

くぅー!やっぱり『ミセン』か!ミセンだよな!!

と、自分でも予想通りの結果になった。

ちなみにミセンとは、プロ棋士を目指していたが挫折した主人公(高卒)が、ある商社に入社して成長していくストーリー。本来はエリート大卒でないと入れないので、周りからは「コネ入社」と白い目で見られながらも、囲碁で鍛えた才覚を武器に仲間を増やし、大きなことを成し遂げていく、というもの。主人公だけでなく、上司や同期なども魅力的な人物が多く、コンプリートしたときは、それこそ「ロス」になった。

ということで、今後の視聴計画。

まずはミセンを見せ、ほぼ同じようなストーリーの『ブラック・ドッグ』に行って、その主人公が出てる『キム・サブ』に行くか(ルート1)、ミセンの先輩が出てる『賢い医師生活』に行って、同じ制作チーム作の『刑務所のルールブック』に行くか(ルート2)…かな!!