2021年3月のふりかえり

年末ぶりに、高尾山に行ってきました。

展望台から見えた景色は春。

f:id:tokyo100k:20210327203245p:plain

晦日の空はもっと冷たい青だったので、ふんわり柔らかな空からも、春の到来を感じます。

tokyo100k.hatenablog.jp

全体ふりかえり

さて、2021年も1/4が過ぎました。

私もその期間に見合うだけの成長をしたか?と聞かれれば怪しいですが、大晦日の内容(↓)と比較してみると、亀の歩みながらも進んでいるような気はします。

2021年は、引き続き「こつこつ、ゆっくり」と、しかしベクトルの向きは自分の内側から外側(社会)へと、向けていくことにする予定。

大切にしたい言葉は『社会という荒野を仲間と共に生きる』です。

というのも、その頃に始めたことは今でも全て続いているし、テーマとして掲げた『社会という荒野を仲間と共に生きる』も、少しは形が見えてきたから。 


f:id:tokyo100k:20210330073753j:image

3月の注力ポイント

2021年の目標は、

  1. 自分の小さな暮らしは守りたい
  2. 社会の中で「外部化」された存在や世界のことを学びたい
  3. 未来を一緒に学び、考え、助け合える仲間が欲しい

1.はルーティーンなので省略しますが、

2.に対しては、

本:5冊(○)

映画:12本(○) 

現場に足を運ぶ:1回(○) 

3.に対しては、

オンライン対話:4回ぐらい参加(○)

と、予定以上に行動できました。

 

私はコロナ禍をきっかけに、「日本社会が意外とヤバい」ことに気づいた人で、故にここ最近は、社会の構造を学び直し、市民としてできる最善の行動をしたいと考えています。

そのために、まずは自分で学ぶ。そして、立場の異なる人と一緒に学んだり、対話したりすることを通して、社会が良くなっていくイメージをしていました。

そして3月の行動によって、学びの「型」みたいなものが少しずつだけど見えてきた…。

次のステップは、向こう1年間以内ぐらいで、読書会なり、上映会なり、スタディ・ツアーなりを主宰して、身近な人に展開してみたい、なぁ。

カギになった2冊の本

それにしても今月は、インプット過多な月でした…。きっかけとなったのは、2冊の本です。

1冊目はタイトル通り、自分の「やりたいこと」を順序立てて見つけていく本。

ワークの量が膨大で、頭から湯気が出そうになりましたが、私のやりたいこと=学ぶこと/考えることであることが分かりました。

これは、「学ぶこと/考えること自体が目的」という意味でもあるのですが、要は成果とか考えず、心置きなく学びたい、ただ考えたい。

では、何を学び、何を考えるべきか。その答えは、2冊目に書いてありました。

この本の8割は「未来予測(という名の最悪のシナリオ)」で、最後の1割ぐらいにやっと、「希望が残されているとすれば…」という感じで、市民がすべき思考と行動のステップが書かれています。

私は今、「社会の構造を学び直し、市民としてできる最善の行動を考えたい」と考えているので、まさにドンピシャの内容。その部分はコピーして、枕元に置いています(笑)

定量は4勝0敗2分

残りは継続案件の進捗です。

ダイエット:ヨガ8回、基準値より3kg減(○)。雑炊習慣で痩せやすくなったが、受験後の爆食いで1kgリバウンド。

農園:3回(△1回)。二十四節気に合わせて『農園だより』を作りたかったが、1号で挫折。

資格取得:練習2回(△1回)。本番の出来は前回より良いけど、合格ラインかは不明。合格発表は4月。

オンライン対話:4回ぐらい参加(○)

f:id:tokyo100k:20210327203349p:plain

本:5冊(○) 

  

映画:12本(○)

▼震災と復興


映画『空に聞く』予告編


映画『春を告げる町』予告編 

 ▼沖縄と米軍

www.telasa.jp


映画『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』予告編


『標的の島 風かたか』劇場予告編

戦争と平和


映画『シャドー・ディール 武器ビジネスの闇』予告編


『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』予告編


『スパイの妻<劇場版>』90秒予告編

 ▼好きな作品/俳優


映画『ナビィの恋』予告編


12/22(土)公開『いつか家族に』予告編


『PMC:ザ・バンカー』予告編


映画『テロ,ライブ』予告編 

というわけで、映画12本を筆頭にインプット過多でも楽しかった3月。

4月からは少しずつアウトプットを増やし、『社会という荒野を仲間と共に生きる』に拍車をかけていきたい。