ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションします

ブラウンズフィールドの「食べるために働く」

米を食べること39年にして、初めての「田植え」をしてきました。

f:id:tokyo100k:20180520230151j:image

田植えといえば、水を張った田んぼに足を取られ、泥んこになりながらするもの、というイメージ。

実際、慣れるまでは田が底なしに感じられ、足が抜けなくなることもありましたが、それも含めて、大地と一緒になりながら、大地に糧を植えていく感覚は、「働く」と「食べる」の循環を感じる、とても貴重な経験でした。

f:id:tokyo100k:20180520225905j:image

今回田植えをさせてもらったのは、千葉県いすみ市にある「ブラウンズフィールド」。

f:id:tokyo100k:20180520005332j:image

ここは「豊かな暮らし」に興味ある人には有名な施設で、田んぼ、畑といった「農」を中心に、古民家カフェやゲストハウス、イベントスペースなどが併設されているところです。

f:id:tokyo100k:20180520005402j:image

田植えの後は、全員で食卓へ。

ずらりと並ぶ惣菜は、ブラウンズフィールド産の材料を、丁寧に料理されたものばかり。

f:id:tokyo100k:20180520141114j:image

「いただきます」と「ごちそうさま」が自然に出てくる幸せな味ばかりで、

1人ひとりの仕事が、幸せに還元されていく、そのさまを見せつけられたのでした。

f:id:tokyo100k:20180520141148j:image

ブラウンズフィールドには10人ぐらいのスタッフがいて、ある人は農、ある人は食といった具合に役割が分かれているらしいですが、賞賛すべきはそのシンプルさです!

f:id:tokyo100k:20180520122434j:image

ここの人たちは文字通り「食べるため」に働いています。

「働かなければ食べていけない」の意味合いがまるで違うというか、要は、どっかの会社員みたいに「食べるために稼ぐために、今たまたま自分より偉いとされている人の、理不尽に耐えてまで働く」ということがありません。※例えです

「働く」ことが「食べる」ことに、そして「幸せ」に直結しているのです。

f:id:tokyo100k:20180520121505j:image

さて、ここでの経験を通して、今後取り組みたいネクストステップは「食べるために働く」を学ぶこと。

それは「農」だったり「食」だったりするでしょうが、食べるために働くこと、そして楽しく食べること、それを毎日できる人が、本当の勝ち組なんじゃないかと。だからそれに近づくために、学びを始めようじゃないかと。

f:id:tokyo100k:20180520121838j:image

まだ会社員なんで、月イチぐらいで始めます。

危機の機は転機の機

ついに私の笹舟が、海に出たような今日この頃。

起きる問題のレベルが今までの比じゃなく、起きたら起きたで「戦うしかない!」と、立ち向かう自分がいる。

何かというと、家がなくなる危機である。

新法施行に伴い、ゲストハウス営業ができなくなったことは過去にも書いたが、それによって立ち退くと、たちまち取り壊されて、マンションになってしまうこの家。

しかし、これほどの物件はなかなかないので、シェアハウスとして存続すべく、住民の求人をすることになった。

peraichi.com

運命の日は6/15(金)。

TV番組じゃあるまいし、この日までに決まらなければ、新しい物件を見つけて立ち退かなければならない。

どうやって求人するかノウハウもないまま、ここの魅力は何か、原稿にどう表現するか、などなど真剣な議論を交わし、奇跡の2日でLP完成!!!

スピード優先で進めたため、雑なところ大いにあり、怒らせてしまった人もいたけど、しかし、多くの出会いや協力が得られたことも、決して忘れてはならない。

危機の機は転機の機。

全速力で走っていれば、その辺の空気は逆風になるのだ。

帆を張れ、帆を!

というわけで、鼓舞して泣かずに立ってます。

ストーリーを大切に

中学生の頃に、私は漫画を描いていた。

登場人物は同級生。よく似たイラストと人物描写が人気を博し、単行本(ノート)が学年中に出回り「次の巻はまだ?」と急かされることも珍しくなかった。

設定だけはゲイだったり、今考えれば前衛的なところもあったが、

1人ひとりの個性に目を向け、その組み合わせを楽しむこと。中学生の私は、それが大好きだったのだ。

そんなことを思い出したのは、あるイベントがきっかけだった。

それは「AND STORY」という、新規サービスのイベント。

www.andstory.co

AND STORYとは、「街歩きしましょう」とか「ハンドメイドしましょう」とか、一見「TABICA」や「ストアカ」みたいな、スキル共有サービスなのだが、ちょっとだけ違うのは「ストーリー」に着目していること。

例えば「ゆかこさんは〇〇をしている人です」というのがあって、であれば「なぜ」それをしているのか、そこに至るまでのストーリーに着目しているのだ。

イベント中には、自己紹介ならぬ「なぜ紹介」という時間があって、自分が今している〇〇に対し「なぜ」を深めて共有する中で、私は漫画を思い出した。

私は昔から、人の個性に目を向けたい。そしてそれを組み合わせ、世界を楽しくしたいのだと。

そんな私が、4月から始めたワークショップ「あるもの探し」は、まさに、1人ひとりの個性に目を向けようという企画で、

来たる5月27日には、発展形のイベントを開催する!(いきなり告知)

今回のテーマは美容、そして人気者のFさんが講師ということで、早くも満員御礼だけど、

打ち合わせでは、Fさんが美容を頑張る「なぜ」を通して、単なる美容以上の学びが得られた。

人の個性に目を向け、その組み合わせを楽しみたいという子供の頃からの欲求。それがこうして機会になるとは。ストーリーというものは、なかなか侮れない存在のようだ。

 

 

養老渓谷ミステリーツアー

GWに、紅葉と温泉で有名な「養老渓谷」に行った。

目的は観光ではなく、キャンプ場の候補地視察だ。

20年以上、事業としてキャンプに関わり、いつか自分のキャンプ場を、というRさんの夢に、拠点を増やしたいTさんと、田舎暮らししたい私が乗っかり、日帰りツアーが実現した。

f:id:tokyo100k:20180507220531j:plain

初めての養老渓谷は、なかなかのミステリーツアーだった。

まず前日に「汚れてもいい格好で」と念を押された。業者さんからもらった地図は、明治9年製のため現況がまるで不明。自力ではたどり着けないのか、当日の待ち合わせは、12キロ離れたパーキングエリア。そして「車が傷むといけないから」と、途中で四駆に乗り換えた。一体、どんな土地が待っているんだ!

f:id:tokyo100k:20180507220340j:plain

舗装のない道でごろごろと揺られ、気分はほぼサファリパーク。そして到着した土地は、3万坪の原野だった。東京ドーム2個分。。。

f:id:tokyo100k:20180507220508j:plain
f:id:tokyo100k:20180507220440j:plain
f:id:tokyo100k:20180507220408j:plain

聞けば、30年かけて開拓したが、メンバーが高齢化したため、それも含めて譲りたいという。

か、開拓! 開拓から!?

f:id:tokyo100k:20180507220421j:plain
あちこちに猪の足跡

f:id:tokyo100k:20180507220358j:plain
パワースポットっぽい滝壺

f:id:tokyo100k:20180507220458j:plain
f:id:tokyo100k:20180507220350j:plain

結局、この土地は買わないことになりそうだけど、面白かったことは2つ。

  • 開拓者たちとの出会い

田舎暮らしに憧れる私は、自給自足したり、自分で家を建てたりする人の情報を見聞きする。ただ、直接目にするのは、今回が初めてだった。

自ら拓いた土地のあれこれを、懐かしそうに(少し寂しそうに)案内してくれるおじいさんたち。未開拓の土地で過ごした時間は、きっと毎日が冒険だったはず。

そんな想像をしてみると、姿は確かに老人だが、心はどこか少年っぽく、その志だけでも引き継いであげたいような気がした。

  • 少年のような時間

今回のツアーは、キャンプ場が欲しいRさんと、それを面白がる私たちがいたことで成立。元は行きつけの「なか卯」で出た、軽い呟きがきっかけだった。

私たちの関係は、「近くに住んでるだけの人」であって、ビジネスパートナーではない。だけど小さな夢を共有するっていうのかな、それに便乗してみることで、こんなワクワクするときが過ごせるのだ。

私は友達が少なくて、家で漫画ばっかり描いてる子供だったけど、今、こんな年になって初めて、親に内緒で秘密基地作ってる、少年気分を味わった。 

f:id:tokyo100k:20180507220522j:plain

ということで、気の置けない仲間と過ごす、ちょっと意味のありそうな時間は楽しい。

「実になるか」なんて分からないけど、今後はもっと軽やかに、こういう時間を増やしていきたい。

今週のお題ゴールデンウィーク2018」

このキラキラした世界に、ぴったりの名前をつけたい

ジェットコースターのような2日間だった。

5月2日、立ち退きをネタに仲間を集め、アイディアまでも頂いてしまうイベントを開催。

f:id:tokyo100k:20180504235318j:image

20人ぐらいが集まって、深夜まで及ぶ熱い議論。

皆さんの真剣な表情が印象に残りすぎて、内容はほとんど忘れたけど(役に立たない!)、その間、ここの気温は、近隣より3℃は高かったんじゃないだろうか。

イベントはどんどん人が増え、座るスペースもなくなったので、私は独りRさんの店に避難。

すると、10年以上の付き合いになるという、障がい児キャンプ仲間が集まっているそうで、これはこれで熱い。

それぞれがどんな想いで参加を続けているのか、初対面なのに深い共有ができ、ぬくぬくした心で帰宅。

翌5月3日は、「あるもの探し」ワークショップ後続企画の打ち合わせ。

趣味なのに、本業で培ったスキルをフル活用して、これまた真剣な議論。

自分たちはどうありたいのか、だから何に取り組むのか。打ち合わせはびっくりするほどスムーズに進んで、私は前日のことも含めて、こう感じた。

根っこの価値観が揃っていれば、合意形成が早いだけでなく、実に意味のある濃い時間が過ごせる、と。

逆にそれがないから、「論理」とかいう体温のないもので合意形成しなければならないのかも。

…という悪口は置いといて、

私はそういう「意味のある時間」を増やして、それをしっかり記録していきたいと感じた。

そして、そのそれぞれにいつか、ぴったりの綺麗な名前をつけたい。

一緒に冒険をする

39才の誕生日に、母からもらった図書カードで、本を買った。

発売日に本を買うなんて、「りぼん」以来じゃないだろうか。

それほど楽しみだった本は、西村佳哲さん5年ぶりの新刊「一緒に冒険をする」。

タイトルだけでも刺さるけれど、その中身はもう、今、興味のあることが全部書いてあった。

詳しくは読んでもらうとして、

私はここ1年ぐらい、自分で自分の進む方向を決めたくて、それをずっと探してきて、

しかしそれが見つかったところで、独りでは不安だと躊躇していたところに、どんどん仲間が増えてきたこの頃。

まさに「一緒に冒険をする」わけで、この人たちがいれば、何か大丈夫そうな気しかしなくて、

そんな感覚を一足先に生きている人たちが、この本にはいっぱい出てくるのだ。

 

死ぬほどの失敗でなければ、それは成功の種になり得る。

…というより、「成功」なんかしなくたって、一緒ならプロセスそのものが成果であり、楽しい楽しい冒険なのだ。

地図を見れば幸せになれる時代は終わった。自分の鼻で、脚で、歌いながらたどり着かねば。

欲しいのは真のポータブルスキル

「下北山むらコトアカデミー」に参加することにした。

これは、奈良県下北山村とソトコトが共催する研修みたいなもので、現地でのスタディツアーなどを通して、地域社会との関わり方や、地域資源の見つけ方を学ぶというもの。

私は7才まで奈良に住んでいた割に、下北山村なんて初めて聞いたが、それに加えて最近、これに参加するべき重大な動機が現れた。

それは、千葉の養老渓谷に移住するかもしれないってこと!!!

以前から夢物語として、静かに動いているネタではあったが、今住んでいる家の立ち退き騒動によって、にわかにこれが真実味を帯びてきたのである。

つまり、養老渓谷に住むかも→今の自分では田舎暮らしスキル低い→奈良の研修ある→リアルに学びありそう

ってことで、例によってのセレンディピティ。津和野、淡路島に続く3回目の田舎暮らしツアーにして、初めてちゃんと当事者として、学びを得に赴くのである。

さて、前置きめちゃくちゃ長かったけど、そこで学びたいのは次の2点。

  • 田舎暮らしに必要なヒューマンスキル

田舎といえば、面倒なのが人間関係。ビジネスライクじゃなく、顔を合わせてってよくいうけど、どうせ関わるなら「好きな人」がいいので、「周りの人」を「好きな人」にするために、自分が努力できることを学びたい。

  • 田舎暮らしに必要なヒューマンスキル以外のスキル

田舎といえば都会と違って、不便なことが多いはず。例えば私はペーパードライバーだけど、運転スキルは必須だろうし、自ら農耕したり建築したりするスキルも鍛えたほうがよさそう。予め準備できることを学びたい。

 

…と、書いていて感じる。

エクセルとかパワポとかロジカルシンキングとか、まして自社の商品知識とか、会社員として培ったスキルなんて、田舎じゃ役に立たないー(笑)

だって田舎暮らしに必要なのは、自然の中でたった1人で、自立して生きるスキルなんだもの。

問いは「どう生活費を作るか」ではなく、「どう生活を作るか」。

だからこそ普遍的な、真のポータブルスキルとでも呼ぶべき力が必要になるのかもしれない。

そして今、この文章を書きながら、子供みたいにワクワクしている自分。まだ土地も見ていないのに、好奇心が溢れてくる。

田舎に住む→いろいろ困る→新たなスキルや協力者を得ながら立ち向かう→見たことのない自分の成長を見る

というような、新生活というよりいわば「新自分」に対する、期待なのかもしれない!

苺と味噌から学ぶ当たり前のこと

私の畑に、苺がなった。

f:id:tokyo100k:20180501210544j:image

赤く色づいた実を、採ってそのまま口に入れる。甘くて少し酸っぱくて、苺らしいシンプルな味だ。

f:id:tokyo100k:20180501210617j:image

収穫は5粒。全体的にいびつ。サイズも2つとして同じものがない。

スーパーで売られているのとは違う。これが、苺本来の姿だ。

 

ほぼ時を同じくして、私の味噌が、完成した。

f:id:tokyo100k:20180501211407j:image

早速、味噌汁を作る。発酵がまだ浅いのか、麹の粒が残っている。味は甘酒っぽく、麹の味がするようだ。

f:id:tokyo100k:20180502145643j:image

味噌の素材は大豆と麹。だが、こんなにも麹の味を感じたことはなかった。

スーパーで売られているのとは違う。これが、味噌本来の味だ。

 

苺と味噌から学ぶ当たり前のこと。それは、苺も味噌も自然由来のものだということ。

形が違うのは当たり前だし、素材の味が残るのだって当たり前のことだ。

それを、人の都合で揃えたり整えたりしたら、ただの工業製品になってしまう。

 

これは人も同じではないか。

1人1人違うのは当たり前だし、生まれもった個性だって、消そうと潰そうと出てきてしまう。

工業製品じゃないんだから、その違いをこそ生かさなければならないのだ。

デンマークから本当に見習いたいこと

「幸せ度の高い国」で知られるデンマークの「働き方」について聞く機会があった。

まずは、その驚くべき内容から紹介しよう。

・週37時間労働
・月〜木は8時〜16時
・金は8〜13時
・その日の労働から次の日の労働まで11時間休む必要がある
・土日祝休
・年次有休は5〜6週
・メイン休暇は5/1〜9/30に3週連続で取る
・サブ休暇の2週も2週連続か、5日ごとに取る
・産休、育休は52週
・残業代は最初の3時間は基本給の50%増、それ以降は100%増
・休日出勤は100%増

どうだろうか。デンマーク人は本当に、この働き方をしているらしい。そして、プライベートとの両立が、「幸せ度」につながっているのだ。容易に想像がつくだろう。

では、それを可能にさせているものは何か。冒頭に書いた、福祉国家らしい「仕組み」か、というと実はそうではない。

仕組みだけなら、日本にもあるのだ。しかし、現実には取りづらい有休など、仕組み以前の「空気」に、どうやら違いがあるようだ。

今回の参加したのは、在デンマーク歴17年の日本人、ニールセン北村朋子さんと、在日本歴17年のイェンス・イェンセンさんのトークイベント。

日本の直すべきところ、デンマークに見習うべきところなど、リアルに分かりやすく教えてくれたが、「空気の違い」は何かというと、デンマークには当たり前にある「対話」だという。

曰く、デンマークには何ごとも対話で決める文化がある。子供の頃から家でも学校でも、「自分の意見」をいうのが当たり前なのだそうだ。

そして、自分の意志で進路を決める自由もあるため、しぜん、子供たちは周囲の大人に「ああなりたいか、なりたくないか」を見るようになる。

要は幸せな大人を増やせば、それを見本に子供が育つという発想で、大人の働き方を整えれば、子供の教育が進むのである。全てが、合理的につながっているではないか。

一方、日本の場合はどうか。

家や学校は基本的に、大人が子供に教えるところ。ある年齢が来れば全員、上の学校に進むのが当たり前。対話より横並びの世界である。

大人はどうか。会社は会社で、トップダウンが当たり前。与えられた役割の中での成果が個人の意志より大切。対話より縦割りの世界である。

日本では、対話ができない。

これは自戒も含むけど、「時間のゆとりがない」のである。

答えの見えない時代になり、物事がどんどん複雑化する中で、しなくてもいい仕事が増えすぎているのだ。会議のための会議とか、共感できる人も多いだろう。

横並びや縦割りは、答えのシンプルな時代ならよかった。しかし、もう機能していないのだから、多様な個人が対話を通して、決めていくしかないのである。

社会の仕組みにムリがあるなら、「まずは違和感を口にしろ」と、朋子さんはいった。イェンスさんは「自ら声をあげろ」といった。政治参加も含めて。

対話は自ら作るもの、なのだ。あるべき社会ができるのを、黙って待つなということだ。

藍染フリーマーケット

文京区根津、藍染通りのフリーマーケットに参加しました。

f:id:tokyo100k:20180501000121j:image

根津神社つつじ祭りに合わせたイベントで、参加のきっかけは「断捨離」。メルカリだと売りにくい(送りにくい)商品があるなぁ…と感じていたところに、出店募集の回覧板が来たのです。

f:id:tokyo100k:20180430235523j:image

こちらが当日の写真。帽子の和服が私。

クローゼットで眠っていたインテリア雑貨、アクセサリー、ハンドメイド、一緒に出たTさんは食器、洋服などなど、今の自分たちにとっては1円の価値もないもので、1万円近く稼ぎました!

しかし稼ぎもさることながら、楽しかったのはコミュニケーション。一期一会の人との出会い。

私には価値のなくなったものが、別の人に見いだされ、引き継がれていくあの感じ。

金額としては少ないけど、私の勧めたものを全部買ってくれる人や、「大切にします!」と宣言してくれる人もいて、この楽しさはメルカリじゃー味わえません。

f:id:tokyo100k:20180501003040j:image

中でも一番はこの子。私の車でお子さまランチを…もうしたのかな?

というわけで、予想以上に楽しかったフリマ。年に1回しかないらしいので、来年の今頃も、この街にいられればいいんだけど。