ゆかこの部屋

大きな1個の幸せではなく、身近な小さな幸せを100万個ぐらい集めています

40代、ヨガ2年で6キロ痩せた

ヨガを始めて2年が過ぎた。

コロナ太りを機に始め、多いときは週6、最近では週3、暑くて溶けそうな夏の日も、寒くて凍りそうな冬の日も、ただひたすらに通った。

そして気づけば2年が経ち、当初の目標「マイナス6キロ」を遂に達成することができた。やったー!!

ヨガを始めたばかりの頃、インストラクターさんたちの「薄い」体を見ては、「ヒトってあんなになれるのか…」と指をくわえながら見ていたものだが、私も少しは薄くなった。ま、若ければ2年もかからないだろうが、取り敢えず喜んでおこう。

 

さて、痩せた痩せたといっているが、ヨガ「だけ」で痩せたわけではない。というより、ヨガだけでは痩せない。

確かにヨガは、筋肉をつけてくれたし、代謝も上げてくれた。が、体重を落としてくれた本当の立役者は「この間、食べたもの」のような気がしている。

ダイエットは結局のところ、「食べたい自分」との闘いだ。運動をすればするほど、筋肉が増えれば増えるほど、食欲だって増えてくるのが当たり前。そんな中で、何をどう組み合わせて食べるか。それが真のテーマだったような気がする。

というわけで今日は、私が2年のヨガ暮らしを通してたどり着いた、(私にとって黄金の)ダイエット食について記載しておきます。

味◎、量◎、栄養◎で、(私は)どんなに食べても太りません。

 

【朝食】

・スムージー

バナナ、豆乳、ミスカル(「きな粉」みたいな韓国の伝統食材)をミキサーで混ぜる

・きのこサラダ

きのこ3〜5種を炒め、レタス、ベビーリーフ、ブロッコリースプラウトに載せる

【昼食】

・フルーツヨーグルト

ヨーグルトにりんご、みかん、バナナ、キウイ、ブルーベリーと酵素シロップをかける

・蒸し緑黄色野菜

ブロッコリー、人参、かぼちゃなどの緑黄色野菜をフライパンで蒸す

【夕食】

・玄米雑炊

味噌汁のようなものを作り、玄米(茶碗1/3杯ぐらい)を煮る。卵を落としてできあがり。

・青魚と納豆ともずく

 

以上。

今では、本当にこれだけを食べた日は、翌日500gぐらい体重が減る。自由に食べてカロリーオーバーする日もあるので、これで帳尻を合わせている。

今後の目標は、「あと4キロ痩せる」つもりだったけど止めて(今のBMIが健康らしい)ので、体脂肪率を3%下げることに決めた。ちなみに2年で3%下がったので、また2年かかるのかな…?

 

それにしても、2年前にヨガを始めた自分はgood jobだった。このダイエット食を考案できたことはもちろん、体は30代より元気になったし、心も晴れていることが増えた。少しもやもやする日だって、ヨガで汗さえかけば、たちまち「あれ?何でもやもやしてたんだっけ?」となってしまう。

「ヨガだけでは痩せない」とは書いたけれど、「暮らしの質」は確実に上がった。つまり、ダイエットなんて世俗的な目的ではなく、もっと崇高なところに効いてくるのが、ヨガだということにしておこう。