身近な人から助けていこう

「あるbar」のことで、頭いっぱいだった1週間。

コロナ禍の飲食店経営。東京の新規感染者が1000人に達しようという中で、それが難しいことぐらい見ていれば分かる。

しかし、集まっている常連さんたちのことや、そこがコミュニティとして機能していることを考えると、今より少しでも良くするため、私(いちおう客)にできることはないだろうか。

ということで、Instagramやグルメサイト掲載、スペース貸しなど、私目線で考えられることを考えてみたが、画期的なアイデアはなし。1週間じゃできることなんて限られている。と自覚するに至った、口惜しい結末。

 

「あるbar」はこちらです→Twitter/Instagram
tokyo100k.hatenablog.jp

 

「あるbar」以前に、来年の目標を考えていたのだ。

細かいことは追って書くとして、目標そのものは、

社会という荒野を仲間と共に生きる

に決定。

 

コロナ禍で社会の負が次々と浮き彫りになる中、いよいよ「独りでは生き抜けない」ことを肌で感じる今日この頃。 

それでは、どんな人と仲間になりたいのか、なるべきなのか。

自分の興味が「弱い立場の人に目を向けられる人」に向かう中で、気になったのが「あるbar」だった。身近に困っている人がいるのに、何もしないまま過ごして良いのか、と。

 

結果はどうなるか分からない。そもそも考える立場にもない。

けれど、一緒に努力することはできる。それも日々少しずつの、小さいけれど地道な努力を。

さて、今日はPOPでも作ろう。

 

※以下は渦中のTweetです。

 

以下は今週(12/13~12/19)のできごとです。

12/13 月イチドライブで『SOLSO FARM』と『武相荘』へ。夜は『東京キチ』でbarについても相談。

f:id:tokyo100k:20201220112414j:plain
f:id:tokyo100k:20201220112430j:plain

12/14 barのことで頭がいっぱい。

12/15 第15回キャリアコンサルタント試験の合格発表。学科合格/実技不合格。『あえて数字からおりる働き方』を読了。

 

12/16 母と祖母に編んだスリッパが完成。『JR上野駅公園口』を読了。 

f:id:tokyo100k:20201220112448j:plain
f:id:tokyo100k:20201220112502j:plain

12/17 『社会という荒野を生きる』と『人新世の「資本論」』を並行して読む。 

12/18 5日ぶりのヨガで復活。帰省するか迷う中で伊豆七島経由(熱海行)を画策。 

12/19  乱れていた暮らしを立て直す。