ゆかこの部屋Blog

日々の行動と感動をコレクションしています

来春には移住する!

10月から異動希望を出していたが、叶わなかった。

ので、心置きなく移住することにする。来春より1年、修行のつもりで。

 

行先を発表する前に、ここに至るまでの経緯を復習しておこう(しつこい)。

昨年5月、某しんどいプロジェクトにアサインされ、同僚たちの心がどんどん折れていくのを目の当たりにする。 

tokyo100k.hatenablog.jp

9月、ひょんなことから島根県津和野町と吉賀町へ。田舎で暮らし働くことを初めて考える。 

tokyo100k.hatenablog.jp

10月、子宮の異常が発覚。会社を辞めたくなる。 

tokyo100k.hatenablog.jp

12月、兵庫県淡路島の移住ツアーへ。肥料なしで育てる「自然栽培」に感銘を受ける。 

tokyo100k.hatenablog.jp

1月、会社が繁忙期を迎える。(〜3月)

プライベートは「働き方」「地域」をキーワードにワークショップに出まくる。退職意向がますます強まる。 

tokyo100k.hatenablog.jp

tokyo100k.hatenablog.jp

5月、民泊法改訂による家の立ち退き騒動が勃発。シェアハウスとして存続できるか不安な日々を過ごす。 

tokyo100k.hatenablog.jp

6月、もろもろのストレスがピークに達し、会社で暴動を起こす。 

tokyo100k.hatenablog.jp 

どうせ辞めるならキャリアカウンセラーの資格を取ることにする。異動希望も出す。 

tokyo100k.hatenablog.jp

7月、奈良県下北山村にて自分のコンセプトが固まる。 

tokyo100k.hatenablog.jp

8月、岡山県西粟倉村にて自分のテーマが固まる。 

tokyo100k.hatenablog.jp

9月、異動希望は叶わず。←イマココ

…ということで、ポンコツな私なりによく頑張った1年半。曲がりくねってはいるけれど、道が拓かれつつあるのを感じている。

 

来春からは岡山県西粟倉村のプログラムにエントリーしていて、採択されれば移住する。されなきゃそのとき考えるけど、また大企業に入って、似たような仕事をすることはないな。

 

私の希望はこれ。

心折れず、体痛めず働けること。

そのために、自分の「心」が動く仕事をしたい。もう頭で論理をこねくり回して、人間らしい自然な感覚を失うのは嫌だ。

その選択肢として今あるのは、キャリアコンサルタントとビール醸造家ということになっている。

仕事以外では、自然栽培とか発酵とか手仕事とかにいそしみつつ、等身大の、それ以上でもそれ以下でもない暮らしがしたい。結局のところ、こういうのが一番心折れず、体痛めない生き方なのだ。

都会の華やかな暮らしは縁遠くなるけど、それよりもこうやって壮大な人生実験ができること!

これにこそ、お母さん産んでくれてありがとう、ぐらいの贅沢を感じている。